Mainly Devel Notes

Twitter, GitHub, StackOverflow: @ovrmrw (short hand of "overmorrow" that means the day after tomorrow)

MicrosoftのTranslator APIを使ってText-to-Textの翻訳をするサンプル

MicrosoftのTranslator APIで遊んでみました。

Microsoft Translator

ドキュメントはこちら

とりあえずText-to-Textは出来ました。

GitHubリポジトリovrmrw/ms-translator-text-to-text-nodejs


まずは必要なものをnpm installします。

npm install --save babel-polyfill request xml2js
npm install --save-dev babel-cli babel-preset-es2015 typescript typings

package.jsonのscriptsをこのように書きます。

"scripts": {
  "prestart": "tsc -p .",
  "start": "babel-node --presets es2015 translator.js"
},

tsconfig.jsonはこう。

{
  "compilerOptions": {
    "target": "es2015",
    "noImplicitAny": false,
    "sourceMap": false,
    "allowSyntheticDefaultImports": true,
    "moduleResolution": "node"    
  },
  "exclude": [
    "node_modules",
    "typings/main",
    "typings/main.d.ts"
  ]
}

translator.tsというファイルを作成し、サンプルコードをコピペします。

MicrosoftのTranslator APIを使ってText-to-Textの翻訳をするサンプル

azureDataMarket.jsonというファイルを作成し、このように書きます。

{
  "ClientId": "your_client_id",
  "ClientSecret": "your_client_secret"
}

実行します。

npm start

翻訳結果がコンソールに表示されます。素敵ですね。

日本語から英語への翻訳ももちろんできます。色々遊んでみてください。

Remove all ads